ブログ

マスタ―ストレッチ Level 2コース開催!

こんにちは!
BESJマスターストレッチマスタートレーナーの田岡です。

渋谷のスタジオアランチャにて、マスターストレッチレベル2資格コースを開催いたしました。

マスタ―ストレッチの資格コースはレベル1・2と分かれており、レベル1はマスターストレッチの基本的なムーブメント。レベル2にはフロアーワークとスタンディングでのよりアドバンスムーブメントの構成となっております。
(レベル1ご受講後、レベル2をご受講いただけます。)

フロアワークでは、片足2kgのマスターストレッチを履いて、ピラティスのような動きを行っていきます。重りをつけて脚を強化をするというよりも、重りで股関節のセンタリングが促され、脚を遠くのばしていくエロンゲーションをより感じやすくなります。

レベル2-1

また、マスターストレッチを履いてフロアーワークをすることで、足裏から全身のつながりの深さに気が付くことができます。

レベル2-2

アドバンスムーブメントは、レベル1に加え、「身体のバランスをとること」と「背骨を全ての方向に動かす」ことが必要となります。

レベル3-1

レベル3-2

今回のコースは、週1回2.5時間、計10時間を1ヶ月かけて学んでいきました。少人数で行っていきますので、都度ご質問にお答えし、お1人お1人の感覚をだしていくように講師がアプローチしていきます。

ご参加のみなさま、毎週復習をしっかりしてくださったので、お身体にどんどん変化がみられました。4日目は、足裏がしっかりと全身を支えるのを感じられて、ダンスのパフォーマンスアップや、無理をしない姿勢の良さや身体の楽さを感じていただいたようです。最終日はアジャストの練習も行えたので、それぞれのレッスンにすぐ活かして頂きやすくなったと思います。

マスタ―ストレッチ資格はレベル2まで学んでいただくと、より深く【マスターストレッチの良さ】を知っていただけると思います。皆様、ぜひレベル1のみでなく、オールレベルへ挑戦してみてください!次回の渋谷での開催は2019年春を予定していおります。

みなさまのご参加をお待ちしております!

ニューヨークピラティス研修に参加してきました!

こんにちは。
北海道で活動するBESJピラティスマスタートレーナーの田中です。

BESJピラティス海外研修2018inニューヨークが開催されました。私は3年ぶりにアメリカでのピラティス研修に参加させて頂きましたが、学び多き旅となり、とても充実した時間を過ごすことが出来ました。

その模様を報告させて頂きますね。

まずは、初日。BESJが提携しているPhysicalMind InstituteのYuu Fujita先生による、TYE4とパラセッターのコンビネーションセッションを受講しました。

IMG_3946

IMG_4684

IMG_4636

パラセッターを用いたムーブメントは、長旅の疲れを癒してくれました。(個人的に研修の前日、肩がけカバンをかけて歩き回っていたので左右差が強く感じられ、またそれがパラセッターを使うことで気づき動きながら修正されていく感覚も心地よいものでした)

TYE4 タイフォーを使ったセッションでは、側弯症の方に対するアプローチも聞くことが出来ました。手足に抵抗があることや、肋骨にハーネスが巻かれていることで、ムーブメント中の動きを、触覚を通して感じやすく、呼吸の代償動作も起きづらいので、ピラティスムーブメントで大切な2WAYストレッチやエロンゲーションが感じやすいツールだと再認識出来ました。

IMG_4055

IMG_4071

午後からは、Westside Dance Physical Therapyに移動し、Lesley Powell先生によるセミナー“Call to Arms:Hand – Scapular Relationship to Core”を受講。

肩関節や肩甲骨の基本的なことを確認し、それらをどのようにピラティスムーブメントにつなげるかという簡単なようで難しい、長いキャリアの中から生み出されるアイデアが沢山ありました。指導者としてのキャリアが十分でないとき、ついつい様々なツールや、メソッド、エクササイズの形に意識が奪われがちになりますが、本当に必要なことは、基本の積み重ねで見えてくるということをLesley先生のセミナーでは教えて頂いた気がします。

IMG_4191

IMG_4206

IMG_4196

研修2・3日目は、ピラティスの創始者であるジョセフピラティス氏がスタジオを開設していた場所にあるRolates Pilates Studioにて研修でした。ファーストジェネレーションCarola Trierを師事したセカンドジェネーションRoberta Kirschenbaum先生は、ピラティスブリージング、クラシカルマットムーブメント、リフォーマー、チェア、ギロチン、ピラティスの歴史、エルダー達の考え方、現代のピラティスに対する想いに至るまで、たくさんのことを教えて下さいました。

日本では、どうしてもマットピラティスが広まっていてマシンを使ったピラティスがまだ多くありません。その影響か、ピラティス=腹筋というようなイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?Roberta先生がおっしゃっていましたが、エルダーの多くが、ピラティスは足へのアプローチが出来る優れたメソッド」と強調していたそうです。足底の固有受容器を活性化させていくワークもクラシカルマットのウォーミングアップとして取り入れていたのが印象的でした。

IMG_4286

IMG_4400

IMG_4325

ピラティスに携わるものとして、約100年前にドイツからアメリカへ渡りジョセフピラティスがスタジオを開設した場所に足を踏み入れることが出来たことは、とても感慨深く、考えさせられることがありました。

昨今、様々なスタイルや方法でピラティスが拡がっていますが、日本にいるだけではわからないことや知り得ないことがあります。今回も、現地に足を運び、現地の人から直接お話を聞いたり体で感じることで見えてくることがありました。

IMG_4490

今回のニューヨーク研修で、3名の先生達から教えて頂いたことを日本に持ち帰り、北海道のピラティスインストラクターの皆さんに還元していきたいと思います。

家族、スタジオスタッフ、お客様に感謝致します。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

BESJピラティスマスタートレーナー 田中宏明

ピラティスイクイップメント資格取得コースの様子

BESJピラティスマスタートレーナー木原です。

大阪では、1年に3回ピラティスマシン「リフォーマー&トラピーズテーブル」の資格取得コースを行なっています。
BESJのイクイップメントコースは、クラス構成が4名までと完全少人数制となっており質問などもその都度解消できるようになっています。

ジョセフ・ピラティス氏が考案したクラシカルなムーブメントと、ファーストジェネレーションのイヴ・ジェントリーが考案したプレピラティスのコンセプトを合わせた内容となっており、年齢や運動経験を問わず幅広いクライアントさんに対応ができる盛りだくさんな内容となっておりクライアント別のモディフィケーション方法なども数を多く練習していきます。

IMG_5742

コース内ではムーブメントを学びティーチングや修正法を練習していきます。マットピラティスと違いスプリングの抵抗力がかかること、バーやボックスを使うことで動く方向性のコントロールが必要になることでアプローチ方法や応用の仕方も様々。そのため解剖学の観点、動きの方向性、マシンの特性を捉えムーブメントのコンセプトを合わせて考えていく習慣を身につけていきます。

IMG_5812

参加された方のお声の中には「なんとなくマットの上でできていると思っていたけど、マシンでスプリングの抵抗力が加わる中でやると普段いかに自分の癖の中でやっているかがわかった」「クライアントさんに動きの意図が伝えやすくなったし、リフォーマーを使うと少し難易度の高いムーブメントにもチャレンジしてもらえることで効果を感じてもらいやすくなった」など。

IMG_5647

日本ではまだまだマットピラティスが主流ですがマシンを使ったピラティスはたくさんの気づきを得ることができます。
9月には「チェア」と「スパインコレクター」のコースも開催致します!

TYE4 mat 資格取得コースの様子【札幌開催】

こんにちは。TYE4 マスタートレーナーの渡部倫子です。

6月のタイフォースタンディングコースに続き、タイフォーマット資格取得コースを開催しました!

Mat資格コースは、Pre Pilates 12ムーブメント・Mat Pilates 12ムーブメントを2日間で学んでいきます。
プレピラティスのモディフィケーションやプログレッションも同時に行っていくことで、様々なタイプのクライアントの方に対応できるように練習を繰り返します。

IMG_9221

TYE4プレムーブメントでは、
全身のウォームアップ・胸郭の可動性アップ・骨盤の可動と安定
股関節の可動・腹筋群の強化・脊柱の可動性アップ・全身のストレッチなど機能改善コンディショ二ングができます。

TYE4マットピラティスムーブメントでは、マットピラティスにバンジーとレジスタンスで負荷を高めることにより、腹筋群強化、股関節可動、臀筋群強化、背筋群強化につなげていきます。これらの内容を広く網羅するピラティスエクササイズをTye4をつけて行うことで身体をより機能的に使い、動きをさらに向上させることができるのです。その方法やお伝えするコツをお伝えしています。

2018-08-01 (1)

①とくに上半身と下半身を協調させて動かすことが、なんて楽なんだろう!と感じられ、②いつのまにか全身伸びてスッキリ! するのがTYE4の魅力です。

コンディショニングの為にはもちろん、ゴルファーさんのスイング向上や、バスケ、サッカー、さまざまなフットワーク向上の基礎練習、バレエのバーレッスンのプラスツールとして使用することも可能です。また現在資格を持っていらっしゃる方々は、ダンスやバレエのレッスンのプラスクラスとしてTYE4を使い、背骨の可動性をアップさせるエクササイズ、股関節強化の為のエクササイズを組み込んで成果を出している先生方が多いと思います。

持ち運べるリフォーマー。と呼ばれるTYE4。
22日には北海道開講コースの Mat 1期、Standing 1期の修了証授与式もしました!

2018-08-01

札幌では、この春から開講が始まりましたが続々とタイフォーの先生が誕生しています。
今年もあと数回開催していく予定となっておりますので、お問い合わせは随時受け付けております。日時や曜日のご希望がございましたらお知らせください!  現在、日曜午前中しかやっていませんが、平日夜がいい、とか、土曜夜がいい、一日で取りたい、など。渡部倫子まで 24.rin.32.24@gmail.com どうぞ。

<修了生の感想>

TYE4 Standing 1期 PT さん

Q: スタンディングコースはどうでしたか?

A: 少人数制、しかも7時間を
3回に分けてあり、ゆったりした進行でしたので
よく集中できました。体力的にも余裕を持って
学ぶことができました。

TYE4 Standing 1期 Mat2期 ピラティスインストラクターさん

Q: Tye4 コースを受けてどうでしたか?

A: どんどん身体が動くようになってびっくりでした。また、Tye4に関すること以外にもまったく知らなかった指導知識や、言葉選びのコツが得られて、とてもためになりました。

Q: Stunding から入りましたが、Matはどうでしたか?
(The hundredsをちらっとやったら、すごいラク!と嬉しそうに叫んでいましたね、、)

A: Mat とても楽しいです!

最後はみんなで Teaser Twist に挑戦!したりもしました。やはりできなかったことができるようになり、新しい知識を得ることはなんて楽しいのでしょう!

ぜひたくさんの方々挑戦していただきたいです。 お待ちしています!

マットピラティスマスタートレーナーミーティング2018

こんにちは。
BESJ事務局 西山です。

マットピラティス マスタートレーナーのスキルアップ・情報共有などの為に開催されるマスタートレーナー ミーティング。2018年度は全国から16名のマスターが集まり札幌で2日間開催されました。

今回は、数年に1度改定されるマットピラティス資格取得コースのテキストの内容を中心に行われました。

IMG_2731
BESJでは、海外研修 や ピラティスマスターを招へいしピラティスの最新の情報・技術などを随時更新しています。2016年2017年はピラティスマスター Elizabeth Larkam・元PMA Pilates Method Alliance代表のTrent McEntire氏が来日しピラティスエデュケーションコースを開催しました。それらの内容をふまえて毎年 コースの資料や内容も加わっていきます。

IMG_2761
ミーティングでは、マスターの方々のプレゼンテーション「ジュニアの運動指導」「トレーナーの育成」についてもおこなわれました。ピラティスについてだけでなく、各マスターの得意分野についてもシェアされ、資格講師としての知識や技術の共有もされます。

2日目には、「TYE4®  タイフォー」を使いマットピラティスムーブメントの質を向上させるためのディスカッションなどもおこないました。
IMG_2717
IMG_2713
「TYE4®  タイフォー」は、ニューヨークのPhysicalMind Instituteが開発したピラティスツールです。創設者Joan Breibart (ジョーン ブレイバート女氏)がイヴ ジェントリーとミシェル ラーソンとともに設立した「The Institute for the Pilates Method(1991年)」を前身とするアメリカ初のピラティス資格コースを開催した組織です。

ジョーンは、1993年に「Pilates」の登録商標権の取り消しを求める訴訟を起こしました。7年の闘争の後、2000年10月19日に「Pilates」の登録商標が取り消されました。これにより、全ての人が「ピラティス」という文字を使うことができるようになりピラティスは一気に全米で広まっていきました。

20年以上の期間にアメリカで多くのピラティストレーナーを輩出し、現在ではピラティスディスクを開発した理学療法士Marika Molnar氏とともにTYE4®とParasetter®の普及を行っています。

マスターストレッチ マスターティーチャー来日セミナー

こんにちは。
BESJ事務局 郷沢です。

イタリア フィレンツェ本部よりマスターストレッチ マスターティーチャー Ivana Chiaravalloti氏が来日し東京・大阪で5日間のマスターストレッチ・バンジートーン・ボディキー・PEGASUS セミナーを開催いたしました。

IMG_1637IMG_1658IMG_1808IMG_1751IMG_2163IMG_2070IMG_2293IMG_2273

16年間マスターティーチャーを担当しているIvana氏の指導は、とても明瞭で身体が繋がって動いていく心地良さを体感できました。何か不調がある時その部位だけにフォーカスしがちですが、マスターストレッチのように足部から全身にかけて統合し修正していくことで、結果的にその部位が周囲と協働し本来の働きを取り戻していきます。動きを続けていく中で、正しい使い方をしていくことで脚の形も変化し整っていきます。骨盤から背骨-首までしなやかな動きへと導いてくれます。マスターストレッチを脱いだ時の変化は歴然!重心の位置・体の安定感・脚のライン・柔軟な背骨・股関節周り・肩周りなどに変化が現れていました。

IMG_1967

IMG_1989IMG_1511IMG_1530IMG_1575IMG_1838

 

Dancers Movement Program 「日々進化」

こんにちは!
DMPマスターティーチャーの杏奈です。

今回は最近のDancers Movement Program(以下DMP)についてお伝えさせていただこうと思います。以前、このDMPコースの内容についてブログに掲載させていただきました。

DMPロゴ

DMPコースでは、、、

固有受容器の活性化
全身のウォームアップ
胸郭の可動性アップ
骨盤調整
股関節の安定と強化
コアトレーニング
サイドラインの活性と強化
脊柱のリリースムーブメント
脊柱の可動性アップ
股関節のCKCムーブメント
バランスシリーズ
テンセグリティムーブメント
下腿エクササイズ
フットエクササイズ

これらの内容を広く網羅しており、ムーブメント、エクササイズを通じて身体をより機能的に使い、動きのパフォーマンスを向上させる方法をお伝えしています。DMPの内容でコンディショニングの為のレッスンを組むことも可能ですが、受講してくださった方々の活用例としては、ダンスやバレエのレッスンの中に背骨の可動性をアップさせるエクササイズ、股関節強化の為のエクササイズを組み込んでいらっしゃるケースが多いと思います。

DSC_7902

1番多いお声は、「股関節が安定し調子が良くなった」そして、頂戴するお声で意外に多い「アラベスクが高くなった」これは、私自身も体感しておりまして脊柱の可動性と強化をプログラムしており、伸展方向への動きをより安全に行っていただく為のエクササイズを組んでいるのですが、私もトレーニングに取り入れており、その効果を実感しています。大人になってからも柔軟性と強度を上げることは可能なんだなという事を身を以て感じています。

身体の学びには終わりはなく、私自身もまだまだ学んでおりDMPの内容に関して…
●良かったと再確認したり●改善点を見直し●より細かいところにフォーカスするようになったり●削ぎ落とすことでシンプルにし、より機能的なものにしたり●新しい概念を加えたりなど、日々試行錯誤しながらブラッシュアップし続けている状態です。

元氣な大人ダンサーが増えていく!そのことに貢献出来れば幸いです。ご自身のコンディショニングの為にも生徒さんへの指導の為にもご活用いただければ嬉しいです。

FullSizjeRender
☆DMPコース受講者の方の感想です☆
●名前:みえこさん
●職業:バレエ講師 Miko Ballet http://mikoballet.com/
●活動エリア:世田谷区
●活用して良かったところ
バレエをする為の体づくりとして最も必要なことがたくさん詰まったプログラムです!ダンサーズをウォームアップとして活用してからレッスンをすると今までやりにくかったことや物凄く注意して踊っていたことがすんなり無駄な力や悩む必要がなく踊れる生徒さんを見ていて嬉しい限りです。なにより自分自身のレッスンで感覚が変わったり動きやすくなったことも実感しています。
●改善して欲しいところ
どんどんアップデートしているので、資格をとった人も更新というか、自己流になってないかチェックしていただきたいので、ダンサーズのレッスンを受ける機会を設けていただけたらと思います。
●感想
自身のレッスンする時間がコンスタントに取れないのですが、ダンサーズを教えの前にやったり、どこか不調を感じだ時に取り入れることで痛みのない日常を過ごせることにとても感謝しています!そしてあまりレッスン出来ない割に体は自由に動いてくれるので踊ることが楽しいです。

 ●名前:H.O さん
●職業:ダンスインストラクター
●活動エリア:東京、埼玉
●活用して良かったところ
上半身のしなやかさに変化をかんじました。硬くなりがちな胸のうごきなど、余分な力が抜けて、カンブレなどが綺麗になったようにみうけられます。上半を細かく動かして行く過程で、全身を通して自分の動きの悪いところなど意識することができるようになり、「どうしてこの動きが出来ないか」と言うところの根底にあるものがさがしやすくなりました。身体全体のイメージが付きやすくなり、イメージをしながら踊るという事にプラスにはたらいているようにかんじます。
●改善して欲しいところ
私の力不足だとおもいますが、動きが複雑なものや、小さいものをつたえるのが難しいです。時もがたつと忘れてしまったり、だんだん自己流になってしまうので、思い出しクラスなどがあると有難いとおもいました。
●感想
DMPを受講しまして、こんなに知らない事が沢山あったのに、経験だけで指導していたことが恥ずかしくなりました。そしてまだまだ山ほど勉強する事がある事に気づかされました。ダンスの見方も変わりました。例えばバエレダンサーの美しい動きなど、上半身の柔らかさ、体幹の強さ、など、骨格の動きが素晴らしいなと感じるようになりました。これは私の実体験ですが、この前ギックリ腰になりまして、しばらく動けなかったのですが、仙骨スイングなどをしてゆっくり動かしていったら、2日ぐらいでよくなりました。多少の事なら自分で調整可能だと言うことは心つよいとおもいました。

◇Dancers Movement Program コース スケジュール◇
【東 京】|Studio Dansage(スタジオダンサージュ)
7月5日・12日 12:00-16:00・19日・26日 13:00-16:00 14時間

【大 阪】大阪市中央区安土町|スタジオカラーズ
9月26日・27日 9:30-17:30(1h休憩) 14時間

最後までお読みくださりありがとうございました!

マットピラティス資格取得コース【大阪開催】の様子

こんにちは。
BESJピラティスマスタートレーナー矢羽田です。

大阪開講クラス(スタジオカラーズ)は、水曜日クラス6名と日曜日クラス6名の少人数で開催しています。4月から始まったコースも後半に差し掛かり指導方法の説明と実践まで進んできました。

「ピラティス経験あまりないんです。」とおっしゃっていた方々も少しずつムーブメントが身につき、「いつの間にかできるようになってる」「そういうことだったんだ」など日々の練習の成果が身体の変化に繋がってきています。どんなことも意図なく行うより、「意識を集中して」行うことで効果が変わってきます。基礎的な解剖学を学び、それをピラティスのムーブメントに結び付けて、意図を理解した上でイメージングすることで自分の身体に集中していくことができます。

o1280096013927503118

なんとなく不調を感じていることもちょっとした意識の仕方で解消されることも。特に「プレピラティス」は身体に集中できる方法の1つです。ピラティス考案者のジョセフ・ピラティスから直接学んでいたエルダーである イブ・ジェントリーが始めたアプローチ方法であり、誰もがピラティスをすることができる為にはどうしたらいいのかという想いの中で生み出したものです。このアプローチ法を取り入れているのもBESJピラティス資格コースの特徴の1つです。

IMG_5277
コースの内容は、ピラティス経験や指導経験に問わずどんな方にもご参加いただけ、様々なクライアントの方にアプローチができる充実した内容になっています。3ヶ月間ご自身の身体に向き合い練習していくことでどんな変化が得られるのかたいへん楽しみですね。

次回開催のコースは7月から開催致します。

【BESJ認定マットピラティスインストラクター養成コース】

開講日:
① 日曜日コース  7月 8日(日)〜 3ヶ月間 (全11回) 13:00-16:00
② 平 日コース  7月11日(水)〜   3ヶ月間 (全11回) 14:30-17:30
スタジオカラーズ大阪

マスターストレッチのスキルアップセミナー

マスターストレッチ マスタートレーナー大塚です。

2017年度のマスターストレッチ資格更新スキルアップセミナーが3月で終了しました。日本全国で約900名のトレーナーが活躍されており、セミナーの開催回数もかなり多くなってきました!

IMG_1028

21950121_1427110380736389_1629227978580416320_o
毎年、イタリア本部で研修を受講し学んだ最新の情報と技術をセミナーではお伝えさせていただいています。開発者のPino Carbone氏はイタリアローマ大学の解剖学ユニットのカリキュラムで講師を務めており、エビデンスに基づいた研究もおこなっています。

IMG_5219

IMG_5277
5月14日-18日には、イタリア本部より マスターストレッチ マスターティーチャー Ivana Chiaravalloti氏が来日し、特別セミナーを開講いたします。BodyCodeSystem® 副代表を務めロベルトボッレ(ミラノ・スカラ座エトワール・アメリカンバレエシアター プリンシパル)などの 著名なダンサー・サッカー選手・プロゴルファーなどのトレーニングをしてきました。現在はイタリアを中心に活動しています。

Ivana氏は、マスタートレーナーの養成コースを担当しコンセプトを誰よりも理解しています。また多くのクライアントと向き合うことで多くの解決策・効果の出し方をPino氏とともに研究しています。
チーフマスターティーチャーが「身体を変える」方法をしっかりと体感していただける内容をお伝えしていきます。強さやしなやかさを持ち、怪我や不調に悩まされないバランスの取れた身体づくりのアイデアを身体に落とし込んでいただけるセミナーです。

そんなIvanaから直接習い、身体の変化を改めて体感できるセミナーです。今回が初来日となりたいへん貴重な機会ですので是非ご受講ください!

IMG_5337

マットピラティス資格取得コース【大分県 開催】の様子

こんにちは。

大分県のマスタートレーナー松川大悟と申します。
大分県でのBESJマットピラティス資格コースは2014年から開講しております。

受講生はパーソナルトレーナー、理学療法士、鍼灸師、ダンス講師、主婦、会社員、エステティシャン、ブライダル関係者、ヨガ指導者、他団体ピラティス指導者といった方々が受講されています。

28946029_1681478621933056_1049997656_o

BESJではプレピラティスや、国内でも稀少なファーストジェネレーションから学んだオリジナルのピラティスを軸に、最新の知見も取り入れたコースとなっており、私自身、ピラティスメソッドを用いた女性のボディメイク指導を得意としているため、その方面に進みたい方々の受講が非常に多くなっております。

28946773_1681477471933171_439995489_o
コースは少人数制で講師との距離も近く、分からないことなど、いつでも質問できる雰囲気で行なっています。コース中、脱線トークもあり、受講生からは『引き出しが増えてそれも勉強になる!』とのお言葉も頂戴しております。

28945072_1681477545266497_783086936_o
そしてコース修了後は、現場で直ぐに活動できるよう、ペアでの実技練習や模擬レッスンにかなり力を入れています。

頭の中も体もクタクタになり、大変だと思いますが、この実技練習が実際の現場での力になります。

ピラティスを通じて、健康的で美しい体作りを目指していきたい方の受講をお待ちしています!

次回は5月以降に開講予定です。