マットピラティス資格取得コースの特徴について

こんにちは。事務局の川田です。

9月以降に日本各地で「BESJマットピラティストレーナー資格取得コース」が開催されます。

BESJピラティス

ジョセフピラティスの元で23年もの間トレーナーとして働いていた直弟子のピラティスエルダー イヴ・ジェントリー。彼女は、ウェストコーストスタイルのピラティスを作り上げたことでも知られています。ファーストジェネレーションのイヴから学びSanta Feのスタジオを継いだミシェル・ラーソンが作り上げたのが「Michele Larsson Pilates」〝The Gentry / Larsson Approach”です。ミシェル・ラーソンは、PMA(ピラティスメソッドアライアンス)でもピラティスマスターとして知られピラティス界をリードしてきました。BESJではこれらのアプローチを大切にしベースメソッドとしています。2019年11月にもサンタフェでミシェル・ラーソンからアップデートされた内容を指導していただきます。

BESJピラティスのテキスト構成は、〇プレピラティス〇ファンダメンタル〇クラシカルと3パートになっており、2Way Stretch / Storong Centerのピラティスコンセプトの元にカリキュラムが進んでいきます。ピラティスの歴史や理念/生理学・解剖学も含む内容となっています。

ジョセフ

BESJのマットピラティストレーナー資格コースは、全国で2000名以上が卒業し活躍されています。継続的なスキルアップの為にセミナーも多種のクラス・ピラティスマシンコースを開講してます。卒業後のスタジオ開業・運営やレッスンの斡旋についてもご相談ください。

講師陣は、Body Element Pilatesコース指導技術向上のためピラティスマスターより学ぶことで技術・内容のブラッシュアップを行っています。
○2013年・2014年・2015年 エルダーEve Gentry を引き継ぐMichele Larsson氏の元でトレーニング
○2016年 エルダー Jay Grimes氏のスタジオでトレーニング
○2017年・2018年 ピラティスマスターElizabeth Larkam氏を日本に招へいしピラティスエデュケーションコース開講
○2019年 エルダーJay Grimes氏のジョセフオリジナルスタイルを受け継ぐSandy Shimoda氏をを日本に招へいしピラティスエデュケーションコース開講

_MG_2192

_MG_1764

-Joseph Hubertus Pilates-
心と身体の完璧なバランスは文明人であるための特質です。そのおかげで原始的な部族民や動物よりも優位な立場に立てるだけでなく、人類の目標としての「健康」と「幸福」を手に入れるために不可欠な身体的かつ精神的な力を与えてくれます。現代社会における不健康で不健全な状況を招いた原因と、その結果としての権利であるはずの身体的完成を一般の人が手に入れられなくなっています。現代の嘆かわしい身体教育と道徳教育システムを良い方向へと導く方法をわかりやすい言葉で伝えることを目指しています。自分の体を正しく理解することでひとりひとりが日々の生活において必要な仕事や生活をこなすための健やかな体を手に入れられますように。 「Return to Life」より
ジョセフピラティス

ジョセフピラティス氏が約100年前に生み出した「Contrologyコントロロジー」の大切な要素はしっかりと残し、現代の人間にも適応し心身ともに良い状態へと導いてくれることを目指しているのがBESJピラティスの特徴であり、初心者の方からトレーナーの方まで役立てていただけるカリキュラム構成となっています。

BodyElementSystemJapan 事務局 info@body-element.org